リスブロ!

大阪、近鉄河内松原駅前にあるリスウゼミ+医学部個別メディスタのブログ。基本、代表OZが書いてます。

リスウゼミ生のセンター対策1

こんにちわー代表の尾崎です。

 先週、東京に行ってきました。六本木ヒルズ靖国神社、東大(本郷)などをプラプラしてたんですが、やはり街の大きさが大阪とまったく違うことを実感。六本木ヒルズからの夜景は最高でした。大昔に行ったラスベガスのストラトスフィアタワーからの夜景と甲乙つけがたい。



閑 話 休 題


 センターまであと32日。わがリスウゼミ生にはセンター対策として、

◇2011駿台・2011河合・2011代ゼミのセンター問題集全教科を年内に終わらせろ!
ということを課しています。全予備校・全教科やるんです。好きな科目だけとか苦手な科目だけじゃダメ。そんなやり方だと絶対に甘え・怠惰が出る。でもって、ひとつの予備校のものだけに偏ると、どうしてもその予備校の色、つまり

駿台=結構深いとこまで問う
★河合=オーソドックスでクセがなさすぎる
代ゼミ=少し私立っぽいものも混じっている

などの特徴に染まってしまうので、もしセンター本番で自分がやっていたものと異なる雰囲気のものが出てしまったら、一気にやられることになります。それを絶対的に防ぐ。9月からコツコツとやってもらっていたのでほぼ全員がこの課題はクリアーする。直前にあわてふためいている受験生を横目に突き進むことでしょう。

(※というか、毎年気になるのですが「力試しのために直前までやらないで置いておく」というあの不思議な受験生の心理はなんなんでしょうか?学校の先生すら言っていたりするそうです。「力試し」ではなく、わかっていないところ・覚えていないところを明らかにし「力をつけるため」にやるんだから、早くやった方がいいに決まっているのに...)



 次に、単にやってもらうだけでなくセンター試験は全教科バランス良くできるように意識し勉強することが重要。「数学だけなら満点取れる!」とか「化学だけなら満点取れる!」などと調子にのっている受験生がたまにいますが、特定教科だけ良くても全く意味がありません。私の教え子に限っても、特定教科で満点を取って来た子なんて数えきれないほどいます。だから
◇英語・国語・社会500点満点と数学・理科400点満点で得点率を出して、差を10%以内におさえろ!
と言い聞かせています。実際、リスウゼミには理系科目85%、文系科目60%などという極端な生徒が複数人いました。よくよく考えると文系科目の方が満点が大きいのにもかかわらず、です。そうなるとそこそこ大学を選べるラインである総合700点の壁をいつまでたっても打ち破れない。上記のパーセンテージで総合得点を計算すると、500×0.6+400×0.85=640点どまり。理系科目だけでやったら調子こける点数にもかかわらず。(例えば理系科目100%、文系科目60%であっても、総合得点は700点どまりなんですよ)


 だから「文系科目は理系科目でカバー!」みたいなことを絶対に考えちゃダメ。差を10%以内に抑える意識が必要。そして重要。


 まだまだ、話したい事があるのですが、長くなりましたのでとりあえずこのへんで。では☆