リスブロ!

大阪、近鉄河内松原駅前にあるリスウゼミ+医学部個別メディスタのブログ。基本、代表OZが書いてます。

【2012年12月15日の記事を再掲】先輩からの激励メッセージ02

リスウゼミの先輩から現高3生への激励メッセージをお送りします。
第2回目はリスウゼミ2期生の吉田さん(大阪市立大学・経済学部)からのメッセージです。

高3生へ

 わたしは去年のこの時期、不安でいっぱいでした。代ゼミのセンタープレで点数が下がり、その後に受けた模試はすべて目標点数よりもはるかに低い結果でした。今まで自分がやってきた勉強は間違っていたのではないか、時間の無駄だったのではないか。センターまであと2か月もなく、志望校もそろそろ決めなければならないそんな時期に、自信を全くなくしていました。そんなわたしが今になって思うこと、反省していることを書きます。同じように不安を抱えている人もそうでない人も、少しでも参考にしてもらえればと思います。
 

 まず、勉強は時間と中身の両方がそろってこそ意味があるということ。だらだらと勉強するのではなく、集中して効率のいい勉強をするべきだと思います。あとになって、「あのときこうしてればよかったな」とか後悔してほしくないので。そのためには、模試の結果が返ってきたら自分の得意不得意を分析して、今後の勉強に生かしてください。そのための模試です。

 つぎに、授業の復習をすること。センター試験前の冬期講習、そのあとの直前講習での授業内容は、本当に受験本番に生かせるものでした。この期間の講師の先生方の一言一言はとても重みのあるものです。授業中は先生が言う言葉を一言一句聞き逃さないでください。ある一言でモチベーションが一気に上がったり、励みになったりします。

 そして、個人的に今の高3生に一番言いたいことは、質問や相談をぜひ先生方にしてほしいということ。もちろん尾崎先生にも。正直、尾崎先生のこと怖がりすぎですw まあ気持ちわからなくもないけどw わたしは何をどう勉強したらいいかわからなくなったとき先生に相談したし、それがいいきっかけにもなったので。

 しんどかったり悩んだりしているのは自分だけじゃありません。リスウゼミで一緒に勉強している周りの子も同じだと思います。そんなみんなが勉強している姿をみて、刺激をもらって、また自分も頑張ろうと思ってほしいです。わたしはそうやって、しんどかった時も乗り越えることができました。

 最後に。今はしんどくても、ぎりぎりまで志望校は下げない方がいいと思います。志望を下げてやる気もなくなって結局どこも受からず、、みたいなことにならないように粘れるところまで粘ってみてください。大学受験から得られるものはとてつもなく大きいです。後悔しないように!