リスブロ!

大阪、近鉄河内松原駅前にあるリスウゼミ+医学部個別メディスタのブログ。基本、代表OZが書いてます。

【化学】昨日の化学の授業後「5月のマーク模試の対策って何したらいいですか?」と質問されたので答えてみる。Part2

前回の記事からの続きです。

昨日の化学の授業後「5月のマーク模試の対策って何したらいいですか?」と質問されたので答えてみる。Part1 - リスウゼミBLOG

  

【化学】5月マーク模試の対策その3「模試過去問演習」

河合塾駿台から過去のマーク模試をまとめた「マーク模試総合問題集」「センター試験実戦問題集」が販売されています。

 

マーク式総合問題集 化学 2015年 (河合塾シリーズ)

マーク式総合問題集 化学 2015年 (河合塾シリーズ)

 

 

 

模試の直前期2週間前からは
これらの模試過去問題集をやりこみましょう!


この問題集には受験生当時からほんと長年お世話になっています。やっぱり大手予備校のうち河合塾駿台は模試作成に「お金と人と時間をかけてるなーーすげーーわ」って思います。河合塾駿台の模試作っている先生に聞いてみると、その作り込み具合ったら凄いもん。具体的には言えませんが模試作成者みんなが汗をかいてる。

でもって、大手予備校の模試っていうのは難易度設定も適切で網羅性もある。嫉妬するくらい良く出来てますから安心してやって下さい。1回分だけで判断しちゃダメだ。つか、これらのマーク模試って「センター試験本番のレベルから乖離している」っていう批判があるんですけど、その批判はちょっとねーって思います。

河合塾とか駿台とかの大手予備校の模試って「その時期時期における全国の受験生の学力にあえて合わせて作ってくれてる」んです。したがって、センター試験本番との難易度の差異は出てくるのは当たり前なんです。当然でしょ?

現役生にいきなりセンター試験本番レベルの問題を出題すると現役生平均点はえらいことになります。でもって、多数の現役生の心が折れてしまいます。これでは模試の意味がない。出来る限り平均的に無理なくひとつひとつの障壁を超えさせようとしてるんですよ。模試っていうのは。


化学だけではなく他の科目もやらないといけないから難関国公立志望者なら2週間前からじゃないと全然間に合わない。学校の定期テストなんかより全然範囲広いからな。2週間前から計画立てて

❏センター模試過去問題集をちゃーんと時間を測ってやって
 ↓
❏正確に自己採点して
 ↓
❏辛いかもしれないが自分の今の学力を知り
 ↓
❏特に弱い科目、弱いところを見つけて
 ↓
❏その弱点部分をやり直す&普段の学習習慣を見直す

コレが重要。
んでね。5月の段階でここまで意識してやってる現役生は少ない(浪人生は既にやってるけど)。リスウゼミ生の君たちはやって欲しい。


ここまで言っててなんですが、この問題集はかなりでっかい書店(天王寺や難波や梅田やAmazon)以外にはないと思います。が、リスウゼミには複数年分のストックがあります。無料で貸出しているので借りてやって下さい( ゚∀゚)リスウゼミ生じゃない方は買った方がいい。ここでケチるな。結構な値段がしますがその分の価値ありますから。

 

 閑 話 休 題


話は変わるけど、こないだの学年末定期テスト対策勉強会で現高1生、現高2生ともにかなりの受講生の「勉強スイッチ」が入った。

今まで全然来てなかった子が自習室を利用するようになった。気軽に質問に来るようになった。授業態度も変わって来た。授業中に寝る子がいなくなった。高校で習っていないから「定期テストに関係ねーや」って授業中に集中力を切らす態度もなくなった。大学受験を考えてくれるようになった。最近マジで授業の予習復習自習をちゃんとしてくれるようになった。

学年丸ごとが今のこんな好環境を継続して構築できるようになると、みんながほんと強くなる。みんながみんな夏に急激に伸びだす(笑)


人間は環境の動物。
人間は習慣の動物。


なんていう有名な言葉がある。これを聞くと「人間は環境や習慣に上から支配されている哀しい動物」というように感じてしまうかもしれない。でも違う。

 

 

 



人間って周りの環境も自己の習慣も
自分で変えられるんだ。