リスブロ!

大阪、近鉄河内松原駅前にあるリスウゼミ+医学部個別メディスタのブログ。基本、代表OZが書いてます。

春期講習の意義!!!

春期講習スタート!春期講習の意義について

リスウゼミでは16日より春期講習がはじまりました!

春期はやっぱり基礎作り。「面白くない」なんて言わないでね。教えてる側の講師もわかってるよそんなこと。基礎作りってたしかに派手さはないかもしれないけど

「単語を知らない」
「文法を知らない」
「公式・定義を知らない」
「計算力がない」
「漢字を知らない」
「言葉を知らない」
「物理法則を知らない」
周期表を知らない」

っていう子にいくら派手な授業しても得点に結びつかないのよ。。つまり、先生や講師が授業中に言っていることはなんとなくわかるけど自力では解けないっていう状態に陥る。それってやっぱ基礎力不足が原因。

その基礎が不足した状態では、私達講師が本来教えたいもっと先、例えば「論理的思考力の凄さ」「理詰めの楽しさ」「閃きの快感」なんてものは伝わるわけないんですね。だから基礎を私達が認めるレベルまで早く頑張って作ってちょうだい。面白くないものはとっととクリアーして次のステージに行こう!


f:id:risusemi:20150317095320j:plain

 

 

 

大きくジャンプ!!! その前に。

現時点のリスウゼミ春期講習受講者は

❏生野高校
天王寺高校
❏大教大附属高校天王寺
❏大教大附属高校平野
❏富田林高校
❏東住吉高校
清風南海学園高校
❏清教学園高校
初芝富田林高校
帝塚山泉ヶ丘高校

となっています。校舎が生野高校の近くなのでやはり生野高校生が多くなっています。殆どの受講生が国公立大学を志望。その中でも理系が多く、今年は例年に比べ医歯薬志望が多いのが特徴です。男女比率は6:4。結構女の子が多い。

んで、これからの春期講習中はクラブもありーの、合宿もありーの、宿題もありーの、大変な毎日になると思いますが気合入れて乗り越えて下さい。今は基礎作り真っ最中でぶっちゃけ内容に派手さはないです。例えば神大市大府大数学だったら「三角関数の公式ちゃんと和→積まで憶えてる?」とか「軌跡とか領域の求め方の手順憶えてるよね?」とか「Σの公式憶えてるよね?」聞いちゃいます。憶えてない子が多かったらソッコー憶えさせます。問題演習の前に。

基礎がない子にとっての基礎作りって脳に強烈な負荷がかかります。だからみんな嫌がるんですけど、その負荷はあなたの成長に必要な負荷。「おぉ、きついなー(笑)」って思えたら正解。筋トレと一緒。

私達はこれから伸びるために本当に大事な内容を厳選します。無駄なことは憶えさせません。夏頃あたりに伸び悩む原因のほとんどがそれまでの基礎のなさ・基礎の手抜き。授業の復習・予習・宿題をやってこなかったり、指示してることを覚えてこなかったりっていうのが積み重なってっていうのが原因です。あと怖いのが慢心。「俺はやればできる子」なんていうのはぶっちゃけ大学に受かってからでいい。とにかくリスウゼミの春期講習では基礎力を大きく伸ばします!




んで、高くジャンプするためにはいったんしゃがんで力ためないとダメ。
今はその「力をためる」時期です。

下の図で言うと春期講習は右側の時期。

f:id:risusemi:20150317092605j:plain

 

新高3生の直近の目標

リスウゼミ生は5月にある第1回河合塾全統マーク模試に照準を合わせてください。この全統模試は日本最大の模試と言って過言ではないでしょう。受験者数が非常に多く信頼性が高い。聞いたら引くくらいの凄いお金かけて問題を作っています。

そしてこれが重要なんですが「最初の模試だからってゼッタイ手を抜かないこと」。学校の定期テストばりに本気で受けること。「本気で受けてもまだ力が足りない!!この大学には敵わない!!」ってことを身をもって知ることが模試で大事なんだから。

手を抜いて受けると自分の実力がわからなくなっちゃうんだよ。。「俺、今回、手をぬいてたし〜へへへ」って言い訳できちゃうから。そんなら模試を受ける意味がマジでなくなる。

現役生の場合は偏差値や判定よりも「高校内順位」を気にして下さい。「高校内で上位何%に入っているのか?」っていうデータと「高校の現役合格実績(現役で志望大に上位何%が受かっているか?)」のデータを照らし合わせるとかなりいい精度で自分の現在の実力および将来の合格可能性が実感できます。