リスブロ!

大阪、近鉄河内松原駅前にあるリスウゼミ+医学部個別メディスタのブログ。基本、代表OZが書いてます。

【マーク模試】全統マークとかの模試の判定やセンターリサーチって結局どこまで信用していい?サイコロで例える【記述模試】

ヒートテックのタイツはいたらとりあえず江頭2:50のポーズしちゃうよね?

 

おはようございます。
リスウゼミ代表の尾崎です。
本格的な寒さが到来。

 

 

結局、模試の判定ってどこまで信じていいの?

わかりやすくするために例え話を。

 

受験の神様がいます。
そしてサイコロを持って受験日当日、あなたの前に現れます。

f:id:risusemi:20151124071503p:plain

神「このサイコロ振って2〜6が出たら合格、1が出たら不合格だ。さぁどうぞ!」

1.不合格 2.合格 3.合格 4.合格 5.合格 6.合格

 

何が出るかな♪ 何が出るかな♪ 
それはさいころまかせよ♪*1


1.不合格


みたいな。「A判定(合格可能性80%以上)でも落ちることある」ってのは単にそういうこと。逆に、E判定(合格可能性20%以下)でも受かる子がいる。


神「このサイコロ振って6が出たら合格、1〜5が出たら不合格だ!さぁどうぞ!」

1.不合格 2.不合格 3.不合格 4.不合格 5.不合格 6.合格

 

で、6.合格を出しちゃう子。ライオンくんに本人はいらなさそうな洗剤詰め合わせセットもらっちゃう強運の持ち主。

 

 

ボーダーラインであるC判定(合格可能性50%以上)なら

1.不合格 2.不合格 3.不合格 4.合格 5.合格 6.合格

のサイコロを振ることになる。だから結構、危険なのよ、ボーダーラインって。

 

 

どんなサイコロ振れるかは自分の努力で決まる。

イカサマや仕込みしない限り出目を完璧にコントロールすることは出来ないけど、当たり目(合格)の数は受験日当日までの努力により自分で変えること出来る。さぁ、あなたは受験日当日にどんなサイコロを振らせてもらえるんでしょうか? 

 

  

「模試の判定なんて合否に関係ない」っていうフレーズを不勉強の言い訳にする残念な子。

判定に「絶対」はない。残念ながら、ない。A判定でも落ちちゃうし、E判定でも受かっちゃう。あくまでも予測だ。絶対はない。

でもね。

近頃よく聞く「模試の判定なんて合否に関係ないよ」とか「E判定でも受かったぜ」っつー先輩の言葉を都合よく信じて、絶対に必要な勉強しない子がいるのは非常に残念に思う。このフレーズが怠け者のエクスキューズになっちゃってる感がある。甘えと怠惰の腐臭がする。「E判定なんて気にするな。だから勉強しなくてイイよ!」じゃなく「E判定なんて気にするな。だから気にせず勉強し続けろ!」がこのフレーズの真意なんだからな。

 

 

同じ世界を見ているつもりでも受験生本人の見え方と教師・講師の見え方が違う。 

毎年、極稀にセンターリサーチでE判定でも受かる子がいて、武勇伝のように語られたりするけど、講師側から見ると落ちてる子の方が圧倒的に多いからな、マジで。目も当てられないほどの死屍累々たる世界だ。 

受験生本人からすると、自分自身が受かるか落ちるか、生きるか死ぬかの世界。上半身だけ合格、下半身は不合格みたいなことはない。でも、教師や講師からすると、合格1人不合格9人の世界に見えてる。というか、そうやってひいて全体を見る必要がある。虫の目、人の目、鳥の目ってやつ。

世界の捉え方が違うから、本人や保護者と進路相談や面談をしててもイマイチ何か危険性が伝わらなかったりするんだよ(遠い目)

 

とにもかくにも、E判定は同じ志望の子と比べ「力がない」ことの証左。E判定だしてへらへらしてる場合じゃない。自分の現状を直視し、普段の勉強習慣を見直し、自分は本当にそれでいいのかもっかい考えろ。

 

頑張れ受験生(*´∇`*)

 

では☆

 

 

脚注

*1:水曜どうでしょう「サイコロの旅」