リスブロ!

大阪、近鉄河内松原駅前にあるリスウゼミ+医学部個別メディスタのブログ。基本、代表OZが書いてます。

【2016年度版】劇的に点を伸ばす!リスウゼミ式センター対策【新課程対応】

赤いニットも白いニット*1も似合わない模様。直接言われたわけじゃないけど、生徒達の挙動不審な目を見ればわかる。自分では超似合ってるつもりだったのに。

f:id:risusemi:20151213213310j:plain*2

おはようございます。
リスウゼミ代表の尾崎です。

 

今からでも遅くはない!(いや、遅いかも)
センター対策はこの順番でやれ!2016年版

リスウゼミ尾崎がおすすめする方法および順番を大大大公開する。すっぽんぽんになってやる!*3

予備校講師歴18年。あなたがたがこの世に「こんちゃー!三河屋っす!」*4した時から予備校講師をしています*5。その間ずーーーーっと試行錯誤し、改善カイゼンを続けた*6結果、センターの得点を劇的に伸ばす方法はこれだ!と確信している。 

 

まずはこれをやりましょう!

マーク式総合問題集数学2・B 2016 (河合塾シリーズ)

マーク式総合問題集数学2・B 2016 (河合塾シリーズ)

 

  ↓ んで、次に  

2016・駿台 大学入試センター試験 実戦問題集 数学II・B (大学入試完全対策シリーズ)

2016・駿台 大学入試センター試験 実戦問題集 数学II・B (大学入試完全対策シリーズ)

 

 ↓ んで、そうやって力を付けたあとは総仕上げとして桃パック

センター試験対策問題パック 2016 (河合塾シリーズ)

センター試験対策問題パック 2016 (河合塾シリーズ)

 

  ↓ そして青パックへ

センター試験実戦パッケージ問題 2016―青パック (大学入試完全対策シリーズ)

センター試験実戦パッケージ問題 2016―青パック (大学入試完全対策シリーズ)

 

  ↓ そしてそして緑パックへ

2016年用 センター試験 予想問題パック

2016年用 センター試験 予想問題パック

 

リスウゼミはこれプラス「大全(リスウゼミオリジナル問題集)」で成績を伸ばしまくってるんです、ハイ。今年の2月、つまりゼロ学期のしょっぱなから俺が言い続けてきたことだ。

 

今からそんなにやってらんねーなんて言うな。絶対に言うな。んで、焦ってショートカットしようとすんじゃねーよ。絶対にトラップがあるからな!

 

とにかく出来る限りのことをやれ!いっぱいいっぱいのフルパワーのフルパワーでやれって!じゃないとほんと後悔するぞ。だってあなたの近い未来は今のあなたの行動により決まるんだよ。

 

いきなり赤本からやるのはまじデンジャー!なのよ。

ちなみに赤本(センター過去問)、つまり

センター試験過去問研究 数学?・A/?・B (2016年版センター赤本シリーズ)

センター試験過去問研究 数学?・A/?・B (2016年版センター赤本シリーズ)

 

からスタートすることはオススメしていない。力がない奴(≒今までの模試で6割くらいの点数しかとれてない奴)には特に、だ。理由を述べておこう。

 

 

【理由1】スモールステップ法がきかない!

これがガチ一番の理由。

同じ高さまで到達するにも「壁をよじ登る」のと「階段を昇っていく」のでは全然違うのはわかるよね。

f:id:risusemi:20151217060212p:plain

「階段を登る」のと「壁をよじ登る」のでは、どっちが無理なく無駄なく最高到達点にいけるかは一目瞭然だろ?

ちなみにこの「階段を登る方法」ってのは「スモールステップ法」とよばれる。目標を細分化し、小さな目標を達成する体験を積み重ねながら最終目標に近づいていくことを言う。これが上手いか下手かで成績を伸ばせる講師と成績を伸ばせない講師に二分される。それくらい重要な方法論。

 

あのな、センター試験本番ってのは国公立大学志望の受験生が1年間以上ガッツリ勉強してきた子達が1月半ばに受けて6割になるように作られてる。受験生の中でも上位層である国公立志望者が受けて6割になるように、だよ。

 

つまりセンター試験本番そのものってのはかなり難しいわけだ。その難しい問題をいきなりやっても無為に時間が過ぎていくだけ。根性はつくかもしれないが、なかなか力はつかない。少なくとも効率的ではない。

 

でもって「これらの模試の過去問集はセンター試験本番と傾向も難易度も違う*7からダメだ!」つっー批判をしている講師や教師がほんと数多くいることも知っているが、身の危険を承知の上で反論しておく。*8

 

例えば、プロ野球選手は「ボール投げる」「バット振る」だけで上手くなったんでしょうかね?違うでしょ?ボディービルダーじゃないけど「筋トレ」するし、陸上選手じゃないけど「走りこみ」するじゃん。ときにはタイヤに人乗せて引っ張りながら走ったりするじゃん。

 

あれって「タイヤに人乗せて引っ張りながら走るのが早くなるため」にやってるのか?違うでしょ。つか、そんなシュールな競技みたことあるか?*9

 

あくまでも「野球がうまくなる」という目標達成のための手段としてやってる*10

 

リスウゼミのこの方法も一緒。模試の過去問の問題集をやらせまくっているのは、模試そのものの点数が取れるようになることが目標ではなく、スモールステップ法をバンバン利かしてセンター本番で高得点をゲッチュ!*11する目標の達成ために、マーク式総合問題集やらセンター試験実戦問題集を手段としてやれっつってんだよ!

 

これらのマーク式総合問題集(河合塾)やセンター実戦問題集(駿台)は5月→8月→10月→12月あたりに開催されるセンター型模試の過去問。つまり、難易度や範囲を徐々に徐々に上げてって、最終的にはセンター本番のレベルに近づけている。

 

つまりつまり、階段を上手く切ってくれてるんだ。だからスモールステップ法がちゃんと効くのよ。だから、赤本(センター試験過去問そのもの)をいきなりやるよりも効果的なんだっつーの。

 

だから俺、授業中に「センターの赤本やりましょう!」なんて言ったことないよ。すでに力がついている、これらの問題集を買う金がない、これらの問題集はやりきった等の特別な各個々人の理由がある場合は除いてね。

 

 

  

【理由2】センター過去問は高校や予備校の授業ですでに扱われている場合が多く「あれ、なんか知ってる...」っつー既視感がハンパない。(良問ほどな)

進学校では特に長期休み期間中の講習等でセンター過去問演習をやっているとこが多いでしょう。だからすでに知っている・やったことある問題がかなりの数に上るわけで。既視感ハンパねーんだよ!場合によっちゃ、選択肢そのもの覚えちゃってたりもするし。大切なことはなかなか覚えらんないのにいらんことだけ覚えてからに。

 

たしかにもっかい同じ問題やるのが効く教科・分野もあるよ。特に地歴公民や化学や生物といった暗記系科目には抜群に効く!

 

でも、国語やら英語の長文とか数学はどうなんだろう?2回目だと本来の自分の力よりもかなり高く点数が出ちゃうんじゃないかい?だからちゃんと補正しないと自分の実力を見誤る可能性が大。これ怖いよーー。

 

これが「直前まで調子良かったんですが、本番ではやられました...」みたいなことが起こる原因のひとつ。これ予防するためにも、初見の問題にしっかり対峙して、解き方や考え方等の対処法を自分のものにすることが超重要なわけ。暗記系科目・分野を除いて、やったことある問題ばっかやっててもなっかなか点数伸びないぜ。

 

 

【理由3】赤本には現行課程の分が1回分しかない。

現行課程になってからセンター試験が行われたのは今年2015年1月の分のみ。つまり、だ。それ以前の分は旧課程のやつなので、それこそ傾向や難易度、範囲が違う。配点も違う。役に立たないわけではないが、別のものだ。理科なんて最たるもの。

 

それに比べ、俺がおすすめしている河合塾マーク式総合問題集や駿台センター試験実戦問題集は現行課程に合わせて作ってある(わざわざ作り直している)んだから、赤本より効果的なのは間違いない。

 

「いや、旧課程の問題でも使える問題がある!だから赤本でいい!」っつープロからのツッコミがきそうなので先に言っておくと、その使える問題を探すのって受験生にとって至難のワザだぜ?何十年と問題をやっている俺ら講師や教師はその作業瞬殺で出来るけど、まだ一度もセンター試験受けたことない彼らにそれをさせるのは無茶だわ。

 

 

以上の理由から、俺はこれら

マーク式総合問題集数学2・B 2016 (河合塾シリーズ)

マーク式総合問題集数学2・B 2016 (河合塾シリーズ)

 

 

2016・駿台 大学入試センター試験 実戦問題集 数学II・B (大学入試完全対策シリーズ)

2016・駿台 大学入試センター試験 実戦問題集 数学II・B (大学入試完全対策シリーズ)

をやることをオススメしていまーす☆
今までそうやって生徒の点数を劇的に伸ばしてきた実績、自負がある。点数を伸ばすことにおいてはそんじょそこらの講師には負けないよ。たいがい勝つよ。 

 

 

思いの外、長くなってしまった\(^o^)/

では、今日も一日頑張っていきましょう!

 

 

 

 

 

 

脚注

*1:UNIQLO

*2:こいつの正体はもう1ヶ月もしたら分かる。全力グーで殴りたくなるよ☆

*3:比喩です。が、今PCの前でパンイチでこれ打ってます。お風呂入る前だもん。

*4:サブちゃんは一橋大学→サントリー→三河屋の経歴らしい。【豆】波平:京大 ノリスケ:東大 マスオ:早大 アナゴ:京大......

*5:20歳と6ヶ月の時からやってます。いっちばん初めに採用されたのは今はなきヒューマンアカデミーっつー予備校(ヒューマンアカデミー自体は資格学校として未だ健在)。ちなみに明光義塾でも個別指導をほんと1回だけやったことある。ぶっちゃけ黒歴史。

*6:悪く言うと生徒を使った人体実験。新しい教授法を思いついたら実際に授業で試す。当然、安全性はちゃんと担保した上でね。この人体実験をしないかぎり教師・講師は成長しない。ひいては生徒の不利益となる。

*7:んなこと、俺もわかっとるわ。

*8:あーーーーまた同業者から嫌われるんだろうなーーーー。でも、言わなきゃなんないことはガッツガツ言う。嫌われても言う。そこは曲げない。

*9:最強の男は誰だ!壮絶筋肉バトル!!スポーツマンNo.1決定戦は除く

*10:目的と手段を混同してはならない。手アカにまみれた言葉だけど大事な言葉。

*11:青いイナズマが僕を責めるー 炎 カラダ 焼き尽くすー