リスブロ!

大阪、近鉄河内松原駅前にあるリスウゼミ+医学部個別メディスタのブログ。基本、代表OZが書いてます。

【リスウゼミの】塩見講師からの寄稿【癒し系】

ヒートテックをちょっと(ちょっと?)履き忘れただけで一日中あんなにぶるんぶるん震えることになるとは思わなかった。ずーっと着信中みたいなな。

f:id:risusemi:20151213132613j:plain

ちな、これ、2年前の12月はじめ。札幌に行った時のJR札幌駅の待合
ストーブの佇まいがカッコ良すぎて思わず一枚。*1

おはようございます。リスウゼミ代表の尾崎です。
今日はリスウゼミの癒し系、塩見講師(英語)に記事を書いてもらいました(*´∇`*)

f:id:risusemi:20151219191303j:plain
では塩見先生、どうぞー!

 

アガサ・クリスティの生誕125周年

ファンの方がおられたらご存知かと思いますが、今年はイギリス人ミステリー作家アガサ・クリスティーの生誕125周年だったようでCNNニュースに流れていました。

幼少期の彼女の写真公表からローラー・スケートやサーフィンも好んだという意外な一面まで今まで語られてこなかった事実が明らかになり充実した内容でしたが、衝撃的な1926年の失踪事件の真相ついては身内も取材には応じなかったようです。

resolutely taboo*2

彼女が行方不明になるところから発見されるまでの事件の概要が、速読英単語[改訂第6]に題材として掲載されています。どこからの引用であるのか不明ですが、立教大学の問題になっていたようです。

3年生なら容易に読みこなしてほしい、12年生でもある程度技術を身につけている人なら十分チャレンジできるレベルで書かれているので、歴史ものとして音読してみてください。 *3

速読英単語 必修編 改訂第6版

速読英単語 必修編 改訂第6版

 

 

縦だけではなく、横のつながりも考えよう

歴史と言えば、この時代は、第一次世界大戦が終わり*4*5、敗戦し復興を遂げてきたドイツは賠償金としてイギリス・フランスに割り当てる方向性。結局は得をするかに思えたアメリカは世界恐慌をタイミング悪く経験し、ヒトラーが賠償金支払いを放棄して後の世代にまで迷惑をかけた。

一方、ソヴィエト連邦では、レーニンが働き過ぎで亡くなって、スターリントロツキーを破り、工業が成功し、社会主義経済だったので資本主義国家の恐慌の煽りは受けず一国だけで高笑いしていたが、社会主義の歪みは皆さんのご存知の通り。 

The rest is history.*6

 

 

ヨコの流れを考えると色々なものが見えてくるかもしれませんね。

 

 

*1:うちにもアラジンのブルーフレームとか欲しいんだけど、賃貸契約で禁止されてるのよ...

*2:断固として触れてはいけない話

*3:やっぱ語学は音読最強。

*4:アガサは薬剤師の助手だったらしい。

*5:女性参政権が欧米でこのころから急速に実現されていきましたね。

*6:後のことは言うまでもないだろう