リスブロ!

大阪、近鉄河内松原駅前にあるリスウゼミ+医学部個別メディスタのブログ。基本、代表OZが書いてます。

【河合塾バンザイシステム稼働】リスウゼミ尾崎が作った「受験校決定のアルゴリズム」を公開します(*´∇`*)【受験校の決め方】

神システム、河合塾のバンザイシステムが稼働しています。

 

 

http://www.keinet.ne.jp/center/banzai/index.html

f:id:risusemi:20170124001225p:plain

 

 

センターを受けた本人のみならず、保護者や教育関係者を含め100万人以上がそわそわする日です。俺にとっちゃーこんなそわそわする日って、あとはバレンタインデーくらいだよ。*1

 

こっから個人面談がめちゃくちゃ大変なんですが、面談する前にみなさんには「尾崎は何をどうやって考えてアドバイスしてんのか?」っつーことを是非とも知っておいて欲しいと思います。

俺、今まで「こいつ、絶対雰囲気で答えてんな...」っていう教育関係者を腐るほど見てきた。横で黙って聞いてりゃ、こっちのチ◯コが根っこからもげるほどクソひどいアドバイス*2をするやつもいる。*3

ちなみに教育関係者だけじゃなく1,2個上の先輩とか上の兄弟とかも含めればマジ相当数いる。大変失礼ながらも「ちょっとお前黙っといてくれないかい?」って思う時が毎年あるんすよ.....

 

んで、俺もそういう人達の一味にならないように、昔っからデータ集めて調べて追跡調査していっぱいサンプル取って何回もバックテストした結果、次のようなシンプルな公式を勝手に作りました。

これね、今まで考えた式の中で一番精度が高くて役に立ってるし、そして何よりも誰でも計算できるくらい簡単だから使い勝手も超いいんです\(^o^)/ではどうぞー\(^o^)/

 

 

 

リスウゼミ式☆受験校判断のアルゴリズム

f:id:risusemi:20160120010004p:plainね?計算式自体はすっごく簡単でしょ?でも、こんな単純なこいつがいい精度でいい仕事するんです。 具体例を見ていただきます。

 

 

 

 

 

具体例1 大阪市立大学商学部志望の子

例えば大阪市立大学商学部志望で傾斜70.0%とやっちゃった子を例に考えてみましょう。

 

◇自分のセンター傾斜得点=350点/500点(70.0%)
◇ボーダーライン=380点(76.0%)
◇二次満点=500点
◇ボーダー偏差値=57.5

 

としましょう。公式を適用すると

 

OZの判別式D=−6.0
二次必要偏差値SS=57.5−(−6.0)=63.5

 

 

となる。これ、ギリギリきちい。さっき「D=−5.0が分水嶺になる」っていうのはこういうことなんです。

 

だって、二次必要偏差値SSが62.5っつーことは阪大経済・経営レベルの2次力がいるってことなんだよ。阪大経済・経営のボーダー偏差値は62.5。事実、阪大やら神大を目指してたけどセンターやっちゃって市大まで下げてくる子は結構いるんです。この子達とも二次でバトルして逆転して勝たないといけない。どんだけ頑張らないといけないか想像に難くないよね。

 

つーか、これでわかって欲しいんだけど、センターのたった5%、つまり、選択肢たった2個分弱下回っただけでこんなにもきつくなるのが難関国公立大学入試なのよ。リスウゼミ生以外は「そんなこと今更言うなよ」って感じかも知んないけど。

リスウゼミ生は尾崎に何度も言われまくってたからいやっちゅーほどわかってると思う。俺が「難関国公立大学目指すなら、ちゃんと全科目ちゃんと勉強してセンターで点落とすな」っつー戦略とってんのはコレが理由。苦手科目なんか作っちゃダメだって。ケアレスミスとかつってヘラヘラすんなって。得意科目ってのは偏差値70をコンスタントに超えるようになってから。

さらにセンターでやられると精神的にまいっちゃうって言ってたでしょ?それに伴い体調までがおかしくなったりして、ゴールデン40を全然有効に使えなくなるのよ。相当な精神力がない限りな。

 

センターってほんと大事だよねー。

 

大阪市立大学(文系) [2010年版 大学入試シリーズ] (大学入試シリーズ 089)

大阪市立大学(文系) [2010年版 大学入試シリーズ] (大学入試シリーズ 089)

 

ー過去問は昔のも手に入れて最低10年分はやろう! 

 

  

 

 

 

具体例2 大阪大学基礎工学部志望の子

次に、センター比率が低く、2次配点が高くて有名な阪大基礎工の化学応用科学志望の子のモデルケースを考えてみましょう。

 

 

◇自分のセンター傾斜得点=225点/300点(75.0%)
◇ボーダーライン=240点(80.0%)
◇二次満点=700点
◇ボーダー偏差値=60.0

 

 

としましょう。公式を適用すると

 

 

OZの判別式D=−2.1
二次必要偏差値SS=60.0−(−2.1)=62.1

 

 

となる。Dの値が−2.1と大きくなってますよね?*4 これは何故かと言うと「二次配点がでかいから」。以上。逆に言うと、センターそこそこ取れててもセンターボケしちゃうと阪大や京大、東大は絶対に受からない。

 

 

具体例3 大阪府立大学工学域物質化学系志望の子

んで、安心しちゃいけない。第二志望校として人気の大阪府立大学工学域物質化学系にさっきの点数をぶっこむと次のようになる。

 

 

◇自分のセンター傾斜得点=337.5点/450点(75.0%)
◇ボーダーライン=356点(79.0%)
◇二次満点=650点
◇ボーダー偏差値=60.0

 

 

としましょう。公式を適用すると

 

 

OZの判別式D=-2.9
二次必要偏差値SS=60.0−(-2.9)=62.9

 

 

うーーん。二次必要偏差値SSを見てわかるように、前期阪大より厳しくなっちゃったね。「府大が滑り止め?(゚Д゚)ハァ?何勘違いしてんの?」って感じ。

 

 

 

事実、府大中期工学域に受かってきた連中ってかなりの実力者。ギリ阪大落ちとかギリ京大落ちとかね。しかも府大は京大や阪大に比べると易問高得点型だから逆転はかなーり難しい。

 

 

大阪大学〈理系〉前期日程 2009 (大学入試完全対策シリーズ 17)

大阪大学〈理系〉前期日程 2009 (大学入試完全対策シリーズ 17)

 

ー過去問は昔のも手に入れて最低10年分はやろう! 

 

大阪府立大学(工学域) (2012年版 大学入試シリーズ)

大阪府立大学(工学域) (2012年版 大学入試シリーズ)

 

ー府大の赤本は早めに手に入れとかないと一気に本屋からなくなります。みんな考えること同じ。  

 

 

 

まとめ

尾崎は事前にこんなふーに各個人毎、各志望大学毎に数値を算出して、今まで提出してもらっている模試のデータやらセンターボケ由来のミスの個数やらパッと見た感じの様子や雰囲気から感じ取られる精神状況やらもひっくるめた上で面談しています。はい。

愚痴っちゃうけど、ほんとハゲるくらいめちゃくちゃ大変なんだよ。寝る時間や食べる時間もマジなくなって倒れたことあるくらい。一昨年前の話だけど。

んで、もっかい言うけど、テキトーにアドバイスするやつ誰であろうと絶対許せないの。「俺のかわいいかわいい生徒に何言ってくれてるんだ?ア゛ァ゛?」って思っちゃう。

 

 

センターボケからとっとと脱却して、新たな知的フィールドへ\(^o^)/

 

 

 

関連記事 

 

 

 

 

 

 

脚注

*1:バレンタインの日に女生徒から「先生」って呼ばれたら一瞬で顔作ってから振り返ります。まぁ、「先生」のあとには「質問あるんですがー」が続くんですけど。続くんですけど―。

*2:何をどう考えても絶対に無理なのに「初志貫徹だー!諦めるな―!願えば叶うぞ―!」的な凄まじく新興宗教的なアドバイスとかな。その上、大半の連中がこれからの具体的な勉強法も提示しない。頭が悪いやつはほんとダメだ。なぁ、大事な大事な1年かかってんだぞ、おいって2億回くらいツッコミたい。

*3:当然リスウゼミにはそんな講師はいません。みんなめちゃくちゃ面談やら進路指導の場数踏んでて強いです。

*4:−6.0と−2.1で大きいのは−2.6ですよねー。まさか間違えませんよね?