リスブロ!

大阪、近鉄河内松原駅前にあるリスウゼミ+医学部個別メディスタのブログ。基本、代表OZが書いてます。

高校生にオススメするなんか元気が出る6つのyoutube動画☆【お父さんお母さんにもオススメ】

f:id:risusemi:20170125093937p:plain



まいどです。息抜きに次の動画をどうぞ。
なんか元気が出ますから(*´∇`*)

 

 

 

 

 

 

 

 

1.日本一プレゼンうまい社長。どーせむり。


Hope invites | Tsutomu Uematsu | TEDxSapporo

 

やる気が出まくる動画。人工衛星って超小型化が進んでるんだけど、それらを飛ばす「ロケット」の方が全然低コスト化がすすんでない。ここにビジネスチャンスある。ISTって会社がクラウドファウンディングしてるけど*1、どうなるのかな?

つーか、このスピーチは何百回、何千回としてるんだろうね。一度も噛まないし非常に聴きやすい。

 

 

 

2.自動運転車で「自分は悪く無い事故死」という悲劇は激減する。


セバスチャン・スラン「Googleの自動運転車で目指していること」
※動画下のウィンドウで字幕を日本語オンにして下さい。

 

Googleの自動運転車が試験中にバスにこすったニュースが出て「だから自動運転車は...」っていう人いてるけどどう考えても自動運転車が主流になる。ただ、「せーの、ドン!」でやらないと意味ないので日本は立ち遅れそうだけど。

 

ー人間の精度で車道を走るのをやめれば、高速道路を走る車の量を今の2倍から3倍に増やすことができます。

 

ーみなさんは毎日の通期のため平均して52分もの時間を道路の上で無駄にしています。これは取り戻せる時間です。アメリカだけで40億時間もの無駄です。91億リットルのガソリンが無駄になっています。

 

今の人が運転する自動車は「レース場でのみ走行可能」とかになるでしょう。一部の超金持ちの道楽になるはず。

 

 

 

3.高校英語の教科書にも掲載されている珠玉のスピーチ。

スティーブ・ジョブス 伝説の卒業式スピーチ(日本語字幕)

 

ちちんぷいぷいっって言う番組で角淳一とルノー・日産のCEOカルロス・ゴーンの独占インタビューがめっちゃ昔あったの。そこで

 

角淳一『成功した秘訣は何だと思われますか?』
ゴーン「自分は運が良かった」

 

ってあのゴーンがサラッと言ってたの思い出した。なんか身震いしたの。たしかに運良く、点と点が繋がりまくる人っているよねー。でもこの人絶対運だけで生きてきた人じゃないって思ったの。

なんか運いいと思ってる人に共通しているのは「今はコレ!」って思ったことにトコトン情熱かけてる人。*2 コレ系の人って先のことを全く考えてないように見えて、実はその方が将来得られるリターンがでかくなるってことに無意識下で知ってるんだよなー。

 

 

 

 

4.パウシュ先生。死を目前にして何故そんな凄い授業できるの?


「最後の授業」ランディ・パウシュ①~⑨

 

 

これも超有名動画です。最後は号泣してしまった。何回も見てるからオチわかってるのに...
やっぱ人生楽しむには積極的に動かないとダメだなー。*3

 

ー19歳の若者から暴力とポルノを除くと何も残らないでしょう。(観客笑)

 

たしかに(笑) 

 

 

5.我武者羅應援團の中でも一番心に突き刺さる。


『人生の醍醐味』 我武者羅應援團 團長 武藤貴宏

 

一部を除き、教師も予備校講師も塾講師もティーチャーからトレーナー・マネージャーになりつつある現在。さらにはトレーナーからアジテーターとしての役割が重要視されるようになるだろうね。何かを直接、教えるんじゃないく心に火をつける役目に。

 

以下、一部書き起こし。

だから俺は、どうにかして自分の人生変えたくて、
アメリカに大学に進んだ。

アメリカで一生懸命頑張って、
自分が変わるんじゃねぇか、
アメリカの大学卒業してきたら、
みんなから「武藤お前すごいんじゃねぇか」って、
認めてもらえるんじゃねぇか、
そんなことを思って、
アメリカに行こうと決意し、
まわりの友達や家族に、タンカをきった。

俺は自分を変えるために、
みんなに認めてもらうために、
「アメリカの大学卒業するまで帰ってこねぇ」
そう言って片道のボストン経由バーモント州
バーリントン空港行きの片道チケットと、
大きなトランクを持って、
19歳にアメリカに渡った。

そこからバラ色の学校生活が待っているのかと思った。
アメリカに行けば


「今までの嫌いな自分が 変われるんじゃねぇか」


そんな期待をもって行った。




そしたらどうだよ。
初日の成田からアメリカに飛ぶ飛行機の中で、
もう後悔してんだよ。俺は。

ひとりでひとりで乗ってしまった。
人生が日本じゃなくて、海外になってしまった。

めちゃめちゃ怖くて、涙が止まらなかった。
初めて人生を 人生の選択肢をまちがえてしまった、
と思った。




大学生活始まった。


言葉がわからねぇ。



授業行くだろ。

まず先生がなに言ってっかわかんねんだよ。
で宿題がどこだかわかんねぇの。
だから授業終わったらまず宿題すんじゃなくて、
宿題がどこかを、先生に聞きにいくの。


で授業始まる前には 先生のとこ行って、
今日は何ページから何ページまで やるか聞くんだよ。
それで授業行ったってさっぱりわかんねぇから、
また宿題がどこかを聞くの。
それの繰り返し。




学校のカフェテリア、
食堂行っても、

アメリカ人の友達ができるわけじゃなく、
最初はみんな興味本位で、
珍しい日本人だから寄ってきてくれたけれど、
その後はだんだん言葉通じないし、
ギャグも笑いも俺通じねぇから、
みんな一緒にご飯食べるの嫌んなって、
俺、食堂行っても、


自分の席探すのがすげぇ怖いの。

「どこ行ったらみんなにみんなに仲間に入れてもらえるか」
なんて、日本じゃ経験したことなかったわけ 。



自分自身が、
そんなバラ色の生活を描いていたのに、
行く日に泣いて、
学校の授業わかんなくて、
食堂でご飯食べるかの前に、
誰と食べるかに必死に悩んで、

そんな生活が続いて続いた。


そしてそんな俺も 3年が過ぎて、
ようやく現地の生活に慣れ、
なんとか必死になって大学を卒業した 。

 

6.科学者達の軌跡と奇跡。

E=mc^2 ~アインシュタインと世界一美しい方程式~ フル

 

 

前の記事とかぶるけど、やっぱこれは外せない。
ラボアジエの質量保存則からアインシュタインの相対性理論までを映画仕立てで作りこんである。ここまで面白いコンテンツはなかなかない。

 

 

 

 

以上です( ゚∀゚)ま、うちの子らも飯食ってる時とかはスマホでゲームしたりするのもありかもしれないが、こーいうのも見といてよ。 

 

 

脚注

*1:

camp-fire.jp

*2:「才能」って言葉嫌いですが、もし「才能」っていう言葉を認めるとすればそれは「四六時中、そのことやってても頑張れる能力」だと思う。

中央大学の竹内健先生はマジ一言一言がカッコイイのでTwitterでフォローしておいた方がイイ。

*3:日本のパウシュともいうべき、中川米造先生の動画が見つからない。俺が医学部目指したきっかけになった先生。