リスブロ!

大阪、近鉄河内松原駅前にあるリスウゼミ+医学部個別メディスタのブログ。基本、代表OZが書いてます。

結局点数取るしか無いんだ。大学受験という土俵に乗ったんだから。それが嫌なら土俵から降りたらいい。他の道を探しゃいいじゃん。

f:id:risusemi:20160816005401j:plain

 

第二回全統マーク模試の次の日。朝早くから自習室に来る男性組の食事中。成功した奴も失敗した奴も反省中。

 

 

オレはオレでデータ分析地獄

こっから2日間は眠れナイト突入。ひとりひとりのデータ丸暗記、何をどう言えば響くかの言葉選び、ひとりひとりの具体的な作戦設定。ぶっちゃけ死ぬほどしんどい。

 

 

 

ダメ出しの基準

ひとりひとり成績も志望校も違う。当然、各科目の配点比率も違う。だから、人によってアドバイスが変わる。ダメ出しも変わる。そりゃ同じ600点でも大阪市大の工学部狙ってる子と医学部狙ってる子では言い方変える。必要とされる点数が違うんだから当然でしょ。なのに「尾崎って差別するよねー」って言われるの。アホかと。

 

みんなに同じ対応するのが公平なのかい?それで合格率が上がるのかい?

 

 

引退の遅い野球部とかラグビー部は補正かける

最近までクラブやってた野球部とか今も引退まだで練習してるラグビー部なんて、練習しまくってたんだから時間的に不利。当たり前。

だから、既に引退していた子に比べて点数が跳ねにくい。当たり前。だから、授業中の様子や小テストの結果で判断する。

 

 

やるべきこと出来てない奴に怒るのは当たり前。

適当に励ましても無理。心の奥底にある不安は他人からの言葉で解決なんてしない。結果を出さない限り不安なんて解消しない。成績悪いのは原因があるんだからそれは容赦なく指摘する。ひとりひとりに対して、怒ること、叱ることを恐れてる教師や講師は生徒の成績伸ばせないって。

成績悪かった子、今まで単語テストやら授業の復習やらチャート・重問・精選問題集の課題やらってちゃんとやってた?絶対に思い当たるフシがあるはず。

 

 

リベンジするなら次の記述模試

とにかく次の模試に向かって今から頑張れや。

 

以上。